Skip to content

くすみの原因となる間違ったクレンジングとは

くすみが気になる人は、まずはクレンジングを見直してみましょう。

美白化粧水や美容液でケアしている人も多いと思いますが、なかなか改善されない場合は、毎日のクレンジングがくすみの原因かもしれません。

毎日オイルタイプの洗浄料でメイクを落としている人は要注意です。

オイルは落としにくいウォータープルーフのファンデーションやマスカラなどとも馴染みやすく、濃いメイクも一度ですっきりと落とすことができますが、その分洗浄力が強いので、肌に必要な皮脂まで乳化して、うるおいをごっそりと奪ってしまいます。肌が乾燥すると、バリア機能が低下するため、刺激から肌を守ろうとしてメラニン色素の生成が活発になり、色素沈着を起こします。

相当な厚化粧ならともかく、普通のメイクであれば、オイルタイプよりも洗浄力がマイルドなクリームタイプやミルクタイプで十分です。クリームタイプやミルクタイプではポイントメイクがきちんと落ちないという場合は、その部分だけ専用のポイントメイクリムーバーで落としておけば問題ありません。ふき取りタイプのクレンジングもくすみの原因となるので使用を控えるようにしましょう。

ふき取りタイプは疲れて帰った時でも、サッとふき取るだけでメイクが落とせるのでとても便利ですが、これも洗浄力が強く、何より肌を擦って落とすことになるので、肌がくすむ原因となります。マッサージしながらメイクを落としてしている人もいるかもしれませんが、これもNGです。

クレンジング剤は肌にのせている時間が長いほど潤い成分を取り去ってしまうので、肌を乾燥させ、くすみの原因となります。

なるべく手早く済ませることが大切です。くすみを解消したいなら、まずは毎日のクレンジングを見直してみましょう。メイクの濃さや肌質に合った洗浄料を選び、正しい方法でメイクを落とすことが大切です。クレンジングのくすみ対策をしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です