Skip to content

クレンジングでくすみのケア

クレンジングはメイクを落とすためのものですが、きちんと使わないと効果を発揮できないということです。

くすみなどの肌トラブルがある場合、普段のクレンジングの方法も見直してみると良いでしょう。クレンジングは肌に乗せた瞬間から洗浄力を発揮するため、乾燥しやすい部分から始めるのは良くありません。肌への負担を避けたいという場合、まずは脂っぽい部分から始めるようにしましょう。

また、力を入れすぎないこともポイントです。メイクをしっかり落とすために強く擦った場合、摩擦によって肌が乾燥してしまいます。結果としてメラニン色素も発生しやすくなるということです。メラニン色素が発生するとくすみの原因になってしまうため、メイクの濃さに合わせたクレンジングを使うようにしましょう。

最適な商品を選ぶことであまり力を入れなくてもメイクを落とせるようになりますし、肌hネオ負担を軽減できるということです。クレンジングでくすみやシミを防ぎたいという場合、洗浄力だけでなく肌への優しさにこだわった商品を選ぶことも大切です。

化粧品にはさまざまな油分が含まれていますが、これをきちんと落とすためにはオイルが必要となります。油分はそのままでは水分と混ざり合わないため、界面活性剤が必要となります。

メイクを落とすためには界面活性剤が欠かせないということですが、中には刺激の強いものもあるので注意しましょう。特に避けたいのは石油系合成界面活性剤であり、これは肌に必要なセラミドなどの保湿成分も一緒に落としてしまいます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です